陶氏診療院

アクセスカウンター

陶氏診療院

  • 北海道札幌市北21条西5丁目
    1-2陶ビル2F

  • 011-757-2232

  • 9:00~17:00 電話予約制

  • 日曜・祝祭日
  • 陶氏診療院アクセス

    バーコードリーダーにて
    画像をお読みください。
    携帯WEBサイトはコチラから

    陶氏診療院では、理想な空気、食事、還元水療法を指導し、無薬で身体の陰陽、五行、気・血・水のバランスを戻して自然治癒力を高め、体質改善を行う【予防医学】を指導しています。

    また、漢方とアロマエッセンスが融合しているアロマオイルを使用して、漢方エキスを浸透させながら血液、リンパの流れを促進させる【漢方アロマ】を行っております。
    毒素排泄(デトックス)を促し、冷えやむくみ、体質改善に大変効果的です。 漢方アロマは定期講演会を行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

    陶氏診療院店舗情報


    中医学は四次元の世界


    北海道中国会お知らせ
    9月11日、日本統合医療学会(IMJ)北海道支部会2019年度第6回定期勉強会案内、「中医学概論~中医学の宇宙観とエネルギー論~」を題にして、講演会を行いました。二時間で、中国医学の真髄、宇宙観から量子学、物質から非物質、哲学と健康法、人類の人体についての知恵を濃縮する中国医学を解剖して、分かりやすい説明をしました。

    中医学は現代用語で、中国医学の略語です。5000年の中華文明の医学的な集大.....

    2019-09-13


    詳しくはこちら

    お腹にいる時カッサーの経験者


    北海道中国会お知らせ
    今週、お母さんのお腹にいるとき、中国伝統療法カッサーを「体験した」赤ちゃんが、二人そろって、診療院に来ました。

    二人のお母さんは、臨産の前、カッサーの施療を受けて、身体が楽になり、妊娠最後まで元気で楽しんでいました。
    普通、臨産の前の妊婦さんの施療は、どこでも遠慮するでしょう。しかし、診療院は出産前一週間の妊婦さんも来て、施療を受けました。お母さんからの話で、赤ちゃんがとても楽しんでいまし.....

    2019-09-12


    詳しくはこちら

    経営と環境と才能


    北海道中国会お知らせ
    9月9日、北海道同友会札幌支部北地区会の経営問題研究会の例会で、熊坂社長の話を聞きました。

    神奈川県出身の熊坂社長は、大学で数理統計学を知り、東京の仕事は丸井グループの情報システム部門を経験積み、2003年札幌に移住、2009年子会社化して、親会社が経営悪化で、同友会など団体から人脈づくり、奥さんが飲食店をオープンして、資金づくりし、ITと名が付けばなんでも受ける仕事づくりをして、特にマイン.....

    2019-09-11


    詳しくはこちら



    創始者 医学博士

    陶恵栄(とうけいえい)

  • ・日本統合医療学会会員北海道支部評議員
  • ・日本医療気功学会会員
  • ・日本綜合医学会会員
  • ・日本WHO協会賛助会員
  • ・日本赤十字社社員
  • ・旅日華人中医学協会副会長
  • ・小林豊子きもの学院漢方アロマ教授
  • ・漢方アロマ療養師育成校校長
  • ・陶氏診療院院長
  • ・日本新華僑華人会副会長(2009-2011)
  • ・北海道華僑華人連合会会長(2009-2011)名誉会長(2011-2012)
  • ・全日本中国人博士協会理事
  • ・北海道中国会運営委員長(2012-)
  • ・北海道中小企業家同友会札幌支部幹事
  • ・札幌ユネスコ協会国際交流委員会副委員長
  • ・米山学友会(北海道)幹事
  • ・札幌市倫理法人会副会長・朝礼委員長
  • ・守成クラブ札幌北会場正会員
  • ・札幌商工会議所会員
  • ・NPO法人21世紀の森づくり会員
  • ・NPO法人ホタル燦燦会会員
  • 陶医学博士の経歴
    日系三世、中国上海出身。1986年中国第二軍医大学医学部を卒業し、上海病院で内科医として、中国医学と西洋医学の療法で6年間治療を行う。
    1992年来日し、98年に北大医学部大学院博士号を取得し卒業。同年当院を開設。
    2007年漢方アロマ療養師育成校設立、札幌、旭川、函館、苫小牧教室あり、本場の中国医学を教えるコースが好評、出張講演が人気、食事、薬膳料理指導、体質改善無料相談あり

    長期的身体の苦痛を持つ方、慢性病で悩む方、西洋医学で解決出来なかった方、これから健康を自分で守りたい方ガン、難病、奇病、痛みのある方(頭痛、頚椎捻挫、神経痛、慢性腰痛、ギックリ腰、リウマチ関節痛、腹痛、生理痛)、疲労、倦怠症、食欲不振、寒気、湿疹、蕁麻疹、膀胱炎、不眠症、アトピー、鼻アレルギー、肩こり、五十肩、椎間板ヘルニア、四肢のしびれ、慢性便秘、痔、高血圧、低血圧、脳卒中後遺症、喘息、胃炎、肝炎、糖尿病、夜間多尿、月経異常、ダイエット等 などでお悩みの方はお気軽にご相談下さい!
    陶氏療法
    「陶氏療法」は「陶氏陰陽バランス健康法」の略称で、中国医学古典「黄帝内経」の中国医学理論に基づき、経絡別に漢方精油を取り入れ、人間の自然治癒力を最大に発揮させる、調心・調気・調血・調水の四調法により、健康を作ることで、病気や症状がおまけに消え、健康強身の陶恵栄医学博士独自創始した健康法だ。
    調気
    全身経絡を通して、漢方精油を取り入れ、病気に関与するツボを水牛の角で作られた板で擦り、身体中の病気「邪気」が皮膚のツボの所で赤色又は紫色で現れ、その赤色や紫色が三日から一週間程経過すると消えます。その結果消えた部分の病気が治り、又患者自身の「気」を高める事により、病気の再発が予防出来る。同時に患者さんの性格と症状により漢方燻蒸精油を処方し、室内の森林浴環境を作り、日常健康生活に必要な内気と外気のバランスを整える。
    調血
    生命力溢れる無農薬有機栽培する玄米を用いて、発芽発酵玄米ご飯素食療法を指導する。理想的な食事の割合いと主食副食の割合いを指導し、健康造血環境を作ることで、病気は経口から予防をする。
    食の原則
    生きている食べ物 | 陰陽の調和 | 季節の調和 | 食べ物(動物と植物)の調和 身土不二 | 一物全体 | 腹七分目 | 良く噛む | 化学添加物を避けること
    ■ 朝食:昼ご飯:晩ご飯
      5:3:2(患者 6:4:0)

    ■ 主食(穀物、豆類など):副食(野菜、海藻類):副食(動物性食品)
      5:2:1
    玄米菜食中心の食事をお勧め
    おいしい発芽醗酵玄米ご飯の炊き方: 無農薬、有機玄米(できればあや姫玄米を使用)
    +
    五色以上の豆(白、黒、赤、黄色、緑、紫、青・・・)
    +
    FFCパイロゲン濃縮液一本(15ml)
    +
    天然塩少々
    +
    少し多め還元水(できれば、なかったら水道水でもいい)
    12時間以上漬け

    発芽させる(市販の発芽玄米は白米と同様、死んでいる米ですから、使用禁止)
    そのまま炊く、(普通の電気炊飯器でよい、玄米コースでなくてもいい)
    出来上がった玄米、毎日かきまぜて、食べきるまで保温してください。
    できれば、四日目から食べてください。ゴマ塩かけて、召し上がってください。
    (すぐ食べてもいいけど、四日以上食べるご飯の量を炊いてください)
    調水
    成人身体に70%は水だ。水の酸化と病気に密接な関係で、常に還元電位-250mVの電解還元水の飲用により、体内の酸化を防ぐ、常に体内に還元環境を保ち、同時に抗酸化力と細胞修復力あるFFCパイロゲン清涼飲料水の飲用により、健全な健康生活を送る。健全者還元水毎日1000-2000ml、FFCパイロゲン100-300ml,患者還元水毎日体重の1/10、FFCパイロゲン每日900ml。水療法は経済・実用・速効の特徴があり、好評絶賛中。
    調心
    病が気から、病気の原因、自分の性格を分析、黄帝内経の五臓六腑のリズムを合わせ、生活習慣をチェックし、生活の落とし穴を見つけ、自分で治す方法を身に付ける(早寝早起き・夜の少食や断食など)、自然治癒力を最大限に発揮して、自ら健康を作り上げる。
    DENBAは未来の健康維持に役立つ大発明
    陶氏診療院プレスリリース
    月刊コーヨーライフ八月号掲載記事

    DENBAスペシャルインタビュー
    中国医学の専門家も認める!

    DENBAは未来の健康維持に役立つ大発明

    陶 恵栄   陶氏診療院院長

    Profile
    とう・けいえい。中国上海出身、1992年来日。祖母が日本人(函館出身)の日系3世。北海道大学医学部で博士号取得。中国医学の理論に基づいた伝統自然療法「陶氏療法」で数々の難病奇病の患者を救っ.....
    2019-08-07

    詳しくはこちら
    2019年度「第37回全日本中国語スピーチコンテスト北海道大会」案内
    北海道中国会お知らせ
    開 催 要 項     北海道日中友好協会

    例年恒例の「全日本中国語スピーチコンテスト北海道大会」を今年も実施いたします。

    日中両国は一衣帯水の隣国として2000余年の長い歴史の中で「互助互恵」の交流を重ねてまいりました。特に近年、各分野における交流は大きく発展してきており、このような中で、中国に深い関心と興味を持ち、中国語を学習される方も増えてきております。中国語を学んでいる皆様には.....
    2019-09-13

    詳しくはこちら