陶氏診療院

アクセスカウンター

2014-09-11
整腸コース
2013-09-13
認定証発行
2013-08-04
大人の勉強

Warning: mysqli_free_result() expects parameter 1 to be mysqli_result, null given in /home/zenserver/tao-clinic.com/public_html/include_left.html on line 12



陶氏診療院

  • 北海道札幌市北21条西5丁目
    1-2陶ビル2F

  • 011-757-2232

  • 9:00~17:00 電話予約制

  • 日曜・祝祭日
  • 陶氏診療院アクセス

    バーコードリーダーにて
    画像をお読みください。
    携帯WEBサイトはコチラから

    陶氏診療院では、理想な空気、食事、還元水療法を指導し、無薬で身体の陰陽、五行、気・血・水のバランスを戻して自然治癒力を高め、体質改善を行う【予防医学】を指導しています。

    また、漢方とアロマエッセンスが融合しているアロマオイルを使用して、漢方エキスを浸透させながら血液、リンパの流れを促進させる【漢方アロマ】を行っております。
    毒素排泄(デトックス)を促し、冷えやむくみ、体質改善に大変効果的です。 漢方アロマは定期講演会を行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

    陶氏診療院店舗情報


    「倫理と生涯幸福設計」


    北海道中国会お知らせ
    11月16日札幌市倫理法人会第1600回経営者モーニングセミナーは、講師に北海道倫理法人会相談役、土屋HD会長土屋公三氏をお迎えして、テーマ「倫理と生涯幸福設計」にてご講話いただきました。

    32年前北海道が初の倫理法人会経営者モーニングセミナーから、1600回になりました。設立当初からかかわってきた現北海道倫理法人会副会長堀田昌資氏と佐藤邦明氏のインタビュー映像を流して、「あの頃」そして「今.....

    2017-11-20


    詳しくはこちら

    水素吸入パワー?②


    北海道中国会お知らせ
    55歳の男性患者、2012年(50歳)一月肝臓のエキノコックス症で、肝臓半分切除しました。手術前後タバコは減り、お酒をやめました。術後三か月、タバコとお酒は元通りになりました。定期検査では、r-GTがいつも正常より高いです。11月4日と13日、二回水素吸引して、陶氏療法も実施し、13日施療後検診で、r-GTが驚くほどよくなりましたと言う電話をいただきました。

    水素を吸引することで、身体の隅々.....

    2017-11-19


    詳しくはこちら

    水素ガス吸引パワー?①


    北海道中国会お知らせ
    81歳の男性患者、先天性近視、視力低下で、さらに70歳時脳梗塞と加齢黄斑変性症があり、視力はメガネしても、右0.02、左0.125でした。11月3日から、毎日水素吸引を薦め、FFCパイロゲンは毎日300ml以上飲むように努力し、晩ご飯を抜いて、玄米酵素で乗り越えるように生活習慣も改善指導をしました。

    水素吸引来れない日もあり、17日第九回目の時、水素吸引前に血圧計る時、見えない数字が水素吸引.....

    2017-11-18


    詳しくはこちら



    創始者 医学博士

    陶恵栄(とうけいえい)

  • ・日本統合医療学会会員北海道支部評議員
  • ・日本医療気功学会会員
  • ・日本綜合医学会会員
  • ・日本WHO協会賛助会員
  • ・日本赤十字社社員
  • ・旅日華人中医学協会副会長
  • ・小林豊子きもの学院漢方アロマ教授
  • ・漢方アロマ療養師育成校校長
  • ・陶氏診療院院長
  • ・日本新華僑華人会副会長(2009-2011)
  • ・北海道華僑華人連合会会長(2009-2011)名誉会長(2011-2012)
  • ・全日本中国人博士協会理事
  • ・北海道中国会運営委員長(2012-)
  • ・北海道中小企業家同友会札幌支部幹事
  • ・札幌ユネスコ協会国際交流委員会副委員長
  • ・米山学友会(北海道)幹事
  • ・札幌市倫理法人会副会長・朝礼委員長
  • ・守成クラブ札幌北会場正会員
  • ・札幌商工会議所会員
  • ・NPO法人21世紀の森づくり会員
  • ・NPO法人ホタル燦燦会会員
  • 陶医学博士の経歴
    日系三世、中国上海出身。1986年中国第二軍医大学医学部を卒業し、上海病院で内科医として、中国医学と西洋医学の療法で6年間治療を行う。
    1992年来日し、98年に北大医学部大学院博士号を取得し卒業。同年当院を開設。
    2007年漢方アロマ療養師育成校設立、札幌、旭川、函館、苫小牧教室あり、本場の中国医学を教えるコースが好評、出張講演が人気、食事、薬膳料理指導、体質改善無料相談あり

    長期的身体の苦痛を持つ方、慢性病で悩む方、西洋医学で解決出来なかった方、これから健康を自分で守りたい方ガン、難病、奇病、痛みのある方(頭痛、頚椎捻挫、神経痛、慢性腰痛、ギックリ腰、リウマチ関節痛、腹痛、生理痛)、疲労、倦怠症、食欲不振、寒気、湿疹、蕁麻疹、膀胱炎、不眠症、アトピー、鼻アレルギー、肩こり、五十肩、椎間板ヘルニア、四肢のしびれ、慢性便秘、痔、高血圧、低血圧、脳卒中後遺症、喘息、胃炎、肝炎、糖尿病、夜間多尿、月経異常、ダイエット等 などでお悩みの方はお気軽にご相談下さい!
    陶氏療法
    「陶氏療法」は「陶氏陰陽バランス健康法」の略称で、中国医学古典「黄帝内経」の中国医学理論に基づき、経絡別に漢方精油を取り入れ、人間の自然治癒力を最大に発揮させる、調心・調気・調血・調水の四調法により、健康を作ることで、病気や症状がおまけに消え、健康強身の陶恵栄医学博士独自創始した健康法だ。
    調気
    全身経絡を通して、漢方精油を取り入れ、病気に関与するツボを水牛の角で作られた板で擦り、身体中の病気「邪気」が皮膚のツボの所で赤色又は紫色で現れ、その赤色や紫色が三日から一週間程経過すると消えます。その結果消えた部分の病気が治り、又患者自身の「気」を高める事により、病気の再発が予防出来る。同時に患者さんの性格と症状により漢方燻蒸精油を処方し、室内の森林浴環境を作り、日常健康生活に必要な内気と外気のバランスを整える。
    調血
    生命力溢れる無農薬有機栽培する玄米を用いて、発芽発酵玄米ご飯素食療法を指導する。理想的な食事の割合いと主食副食の割合いを指導し、健康造血環境を作ることで、病気は経口から予防をする。
    食の原則
    生きている食べ物 | 陰陽の調和 | 季節の調和 | 食べ物(動物と植物)の調和 身土不二 | 一物全体 | 腹七分目 | 良く噛む | 化学添加物を避けること
    ■ 朝食:昼ご飯:晩ご飯
      5:3:2(患者 6:4:0)

    ■ 主食(穀物、豆類など):副食(野菜、海藻類):副食(動物性食品)
      5:2:1
    玄米菜食中心の食事をお勧め
    おいしい発芽醗酵玄米ご飯の炊き方: 無農薬、有機玄米(できればあや姫玄米を使用)
    +
    五色以上の豆(白、黒、赤、黄色、緑、紫、青・・・)
    +
    FFCパイロゲン濃縮液一本(15ml)
    +
    天然塩少々
    +
    少し多め還元水(できれば、なかったら水道水でもいい)
    12時間以上漬け

    発芽させる(市販の発芽玄米は白米と同様、死んでいる米ですから、使用禁止)
    そのまま炊く、(普通の電気炊飯器でよい、玄米コースでなくてもいい)
    出来上がった玄米、毎日かきまぜて、食べきるまで保温してください。
    できれば、四日目から食べてください。ゴマ塩かけて、召し上がってください。
    (すぐ食べてもいいけど、四日以上食べるご飯の量を炊いてください)
    調水
    成人身体に70%は水だ。水の酸化と病気に密接な関係で、常に還元電位-250mVの電解還元水の飲用により、体内の酸化を防ぐ、常に体内に還元環境を保ち、同時に抗酸化力と細胞修復力あるFFCパイロゲン清涼飲料水の飲用により、健全な健康生活を送る。健全者還元水毎日1000-2000ml、FFCパイロゲン100-300ml,患者還元水毎日体重の1/10、FFCパイロゲン每日900ml。水療法は経済・実用・速効の特徴があり、好評絶賛中。
    調心
    病が気から、病気の原因、自分の性格を分析、黄帝内経の五臓六腑のリズムを合わせ、生活習慣をチェックし、生活の落とし穴を見つけ、自分で治す方法を身に付ける(早寝早起き・夜の少食や断食など)、自然治癒力を最大限に発揮して、自ら健康を作り上げる。
    2018年ホームドクター保存版掲載案内
    陶氏診療院プレスリリース
    あなたの街のお医者さんガイド、2018年ホームドクター北区東区石狩市保存版に、陶氏診療院の紹介が掲載されました。

    「中国医学伝統療法によって、自然治癒力を身に付け、健康を作る」、中国の予防医学を具体的な方法で、患者さんの苦痛を開放する素晴らしい家庭でもできる健康法で、病気が氾濫する現代社会に気軽に健康に戻る方法です。

    医学は実践科学です。結果はすべてと言います。患者さんの奇跡的な回復や.....
    2017-11-15

    詳しくはこちら
    莫邦富的日本管窺(174)明天的“发那科”和“无印良品”来华求合作
    北海道中国会お知らせ
    日经中文网特约撰稿人 莫邦富:这几年,我在中国以及日本各地演讲时,多会提及中日经济交流的新趋势就是“从硬变软”。这里说的“硬”是指“硬件”,而“软”也就是指“软件”了。

    1978年中国改革开放后,中日经济交流的一大特点就是集中在硬件领域,从引进家电、汽车、机械、重要零部件到引进日本的新干线等,就是最好的佐证。可以说,中日之间的这种交流,前期以宝钢为典型,后期则数新干.....
    2017-11-20

    詳しくはこちら